・・・旅館とは?宿泊するためには?など旅館の仕組みについて紹介します・・・

・旅館の仕組み

旅館とは旅行者やビジネス主張者などの宿泊施設ですが、そんな旅館にも経営していくうえで決まりごとなどがあり、ホテルとは大きな違いがでてきます。そんな旅館の仕組みなどをこちらでは見ていきましょう。


旅館とは?

旅館とは客室部屋が5以上ある宿泊施設のことをいいます。

客室は必ず和室でなければならなく、観光客や温泉旅行などでいらっしゃる宿泊者は、一部屋二人以上でないと宿泊できません。やむ終えず一人の宿泊を認めるといった場合には、宿泊価格は通常より高くなります。しかし有名な旅館などは週末になると部屋数も足りなくなるので、一人のお客さんに対し一部屋お貸しすることはありませんのでご了承下さい。

宿泊するためには?

まず宿泊するためには早めの予約が必要になります。旅館はホテルと違ってたくさん建っているわけではありませんし、部屋数も限られているので早めに予約することをお勧めします。その方法としてはいくつかございますが、一番無難なのがインターネットだと思います。その旅館のことを調べたうえ宿泊することができるからです。または電話予約や旅行代理店などでも予約することが可能になります。自分では良いところが良くわからず、予約することが難しいという方にはこの旅行代理店を紹介します。

ここでは当旅行代理店のおすすめの場所をいくつか紹介し、行きたいところを選んでもらうといったケースになります。しかしやはり代理を立ててる分、料金が発生してしまうので注意してくださいね。

責任者

旅館の責任者または管理者をここでは女将(おかみ)といいます。

経営者の奥さんにあたる人物であったり、または身内の女性でなくてはなれません。その容姿は常に着物(和装)を着ています。

また女将の下である仲居(なかい)は、宿泊されるお客様の各部屋へあいさつなどを行う接客係りとなります。仲居は明るく品のある女性でなければなりません。この旅館の看板となるといっても過言ではないでしょう。

お風呂

現代では客室に浴室がついているのもありますが、本来旅館は露天風呂が基準となっています。やはり旅館に泊まりに来たのであれば露天風呂に浸かりたいものですよね。

またお風呂をしたあとの部屋着として浴衣を利用します。この浴衣は男女共用で派手ではなく、ごくシンプルなものが使われます。

食事

旅館はやはり和風なので、その地の名産物素材を使った郷土料理などの和風食になります。また、旅館の食事といったらかつては食べきれないほどのご馳走の量でしたよね。しかし現代では女性やお子さん、または高齢者の食料摂取の少量さに、食事の量を減らし質を向上させる!といった旅館も多くなってきているそうです。やはり旅館の見所として、食事は大事ですよね。

その他

客室には湯のみセットや電気ポット、和菓子などが用意されています。こちらは食べてもいいものなので、遠慮なくいただきましょう♪

Valuable information

名古屋の結婚式場

2016/6/1 更新

copyright(c) 2009 旅館の心 all rights reserved.